南三陸災害エフエム 80.7MHz

南三陸災害エフエム FMみなさん スタッフブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

昨日の放送から一つ・・・・

8月23日の放送で、南三陸町図書館の山内さんにお話をお聞きした
模様を放送させていただきました
震災前は、SLがあった公園内で開館していた事が思い出されます。
貴重な郷土資料が、昨年起きた震災の津波で滅失してしまった事
昨年10月5日に、プレハブで図書館を再開館した時のご苦労なさったときのお
話など色々お話下さいました
書籍に関しては、全国の皆さんからの寄贈の書籍や新しく町で購入したものなどがあります
昨年10月5日に再開した時点より着実に来館者が増えてきているという事で、
土曜日や日曜日の多いときで
約50人以上の来館者が来られているといわれています。
人気のある書籍は、やはり小説、時代もの、子供に人気なのが怪傑ゾロリなどだそうでうす

7月10日には、歌津地区(平成の森仮設向かいに)にコミュニティ図書館・魚竜を
開館する事が出来たそうです
中には、魚竜の化石をはじめ、書籍数約2000冊ほど収められているということです

南方、横山、入谷、戸倉の各仮設住宅に関しては2週間に1度、
巡回移動図書館を行なっているそうです

戸倉地区に関しては、現在図書館建設の予定もあるそうです

『図書館に来れば何でも分かるようになる、分からないことがあれば図書館』
そんな親しみやすい図書館ができればと山内さん。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/08/24 09:20 ] 各種情報 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。