南三陸災害エフエム 80.7MHz

南三陸災害エフエム FMみなさん スタッフブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

飲酒運転による交通事故の連続異常発生につきご注意

宮城県では、東日本大震災後、飲酒運転による交通事故が連続的に異常発生し、大震災以降5月31日までに、70件の交通事故が発生しています
これは、昨年の同じ時期に比べ、5件増加しています
飲酒運転による交通事故は、お酒の影響により、正常でない状態で自動車を運転するだけに、人身事故や死亡事故に直結する、極めて危険性の高いものです
しかも、沿岸の警察署管内における飲酒運転の交通事故が増加していることが心配されます
県内全体の飲酒運転による交通事故70件のうち、25件は被災地におけるものでした
被災地に居住し、飲酒運転による交通事故で検挙された地域別の人数は、石巻市2人、東松島市1人、宮城野区2人、若林区2人、岩沼市1人、南三陸町1人となっています
また、交通事故には至らなかったものの、飲酒運転をして逮捕された人も、塩釜警察署管内と岩沼警察署管内で多くなっています
飲酒運転による事故が異常に多発している背景には、震災によるストレス解消のために飲酒し、その後、外出しなければならない用件ができたとか、避難所での飲酒が禁止されているため、飲食店などで飲酒し、その後、飲酒運転をしてしまったという理由も挙げられています
しかし、どのような理由があろうとも、飲酒運転は許されるものではないことです
「飲むなら乗らない、乗るなら飲まない」
を確実に守り、飲酒運転をなくしましょう
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/06/27 16:59 ] 警察より | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。