南三陸災害エフエム 80.7MHz

南三陸災害エフエム FMみなさん スタッフブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

自転車の交通事故に注意

 東日本大震災以降、交通環境が極端に悪化した反面、自転車利用者が大幅に増加したこともあり、自転車による交通事故の多発が心配されていますのでご注意ください。

 大震災後、全体的には交通事故は減少していますが、自転車交通事故に限っては、昨年と同じくらいの件数で、亡くなった人は昨年のほぼ2倍の5人となっています。

 自転車交通事故で亡くなったり、けがをした人を年代別で見ると、20歳以下の人が全体の半数を占め、とりわけ高校生の比率が高くなっています。

 自転車利用による交通死亡事故の発生については、次の特徴がみられます。

○自転車利用で亡くなった人の70%に交通ルールの違反がありました。主な違反は、安全不確認・信号無視・一時不停止・右側通行・飲酒運転などです。
○発生時間帯では、夕暮れ時に突出して多発しています。
○発生月別では、7月・8月・9月が多発傾向となっています。
○発生場所では、全体の60%が交差点やその付近です。
○年代別では、高齢者が全体の60%を占めています。
○亡くなった人の80%は、頭に大きな損傷を受けたことが原因であったにも関わらず、ほぼ全員がヘルメットを着用していませんでした。

 県内では、今でも200基ほどの信号機が作動していませんし、道路の整備も不十分です。自転車を利用する場合は、交通マナーとルールをしっかり守り、また、違法駐輪をしないで、お互いに譲り合った安全通行を心掛け、事故のない快適な利用を心掛けましょう。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/07/07 16:03 ] 警察より | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。